社長、今の働き方で、

将来に不安はないですか?

症状:自分だけが異常に忙しく働いててこれ以上は限界だ...

症状:今は、いいかもしれないが将来どうなるか分からない...

症状:差別化できずにいつも価格を叩かれて利幅が薄い...

小さな会社の

事業[再]設計コース体験セミナー

小さな会社の事業[再]設計コース体験セミナー

では、スタッフだけで、競合より3倍の単価を実現し、家族との時間をとりながら、会社を成長させた秘訣をお伝えしますが、、、その前に、私の過去の話を聞いてください...

もし、こんな症状に心当たりがあるなら、この講座はきっとあなたの役に立ちます...この

  • 会場:東京 品川
  • 来場特典:本ページ参照 

社長・経営者限定

こんな働き方、続けられない、、、

ぼくの名前は中谷佳正40歳。2人の娘の父親です。最初にぼくの個人的な話をさせてもれらえませんか。今から10年前、僕はマジで死ぬかと思う経験をしました。本当に死ぬ思いだったんです。


「もう、このままじゃダメになる・・・」


その日の朝、目が覚めると背中になんだか、今まで感じたことのない違和感を感じたんですよね…なんだろうと思って触ってみると、、、なんと背中から膿(ウミ)が出ていたんです。びっくりして飛び起きました。そしてその時、本気で、こう思ったんです


「もうヤバいわ。こんな働き方が続けられないな・・・」


その頃の僕はめちゃめちゃ働いていました。朝6時半に起きて、経営者の集まりの朝活みたいなものに行く。何のためかって?勉強するためじゃないですよ。もちろん仕事をもらうためです。当時の僕は小さいホームページ制作会社を経営していました。当時は今のように顧客を獲得する方法というのを知らなかったので、新規の顧客は、主に知人の紹介だったり、こういった集まりに行って人脈を広げて、そこから何とか仕事をもらうというような方法しかなかったんです……なのでこの手の経営者会とか集まりにはほぼ全部参加していました。それが仕事だと思っていたので…


そして、それが終わったら朝、会社に行って、朝礼をして 、制作のディレクションをしたり、資料を作ったり、部下に色々と仕事の指示をして、午後には新しく知り合った仕事がもらえそうな会社に行ってプレゼンをする。そして仕事が終わって夜になっても、そのまま家に帰れるわけではありません。当然、飲み会です。知り合いに誘われたら、もちろん断れません。仕事を取らないといけませんから。僕が飲み会に行かなかったら、もしかしたらそのクライアントは他の会社に仕事を出してしまうかもしれません。だから、嫌でも行かざるを得ないんです……


家に帰る頃にはもう夜中になっていて、帰ったらすぐバタンと疲れ切って寝落ちするような毎日でした。土日になったら休めるかって?もちろん、そんなことはありません。土日は土日で、弥生会計に経費を入力したりとか、平日にはできない作業をしていました。とにかく何かしてないと不安だったのかもしれません……

いくら忙しく働いても

売上や収入には限界が…

そんな感じで、当時はめちゃめちゃ忙しく働いてました。でも、働いても働いても、収入はそんなに上がらないんですよね。異常に忙しいのに、その割に、収入はあまり上がらない。なので、これ以上収入を上げるには何をすればいいかと考えると、人を雇って会社を大きくしたり、銀行から借金して、もっと攻めの経営をしたりとか、そういうことをするしかないなーと思っていたんです。それが嫌で変な儲け話に手を出して火傷したりとか、そんな事もありました…


ぶっちゃけた話、当時、5〜6人いたスタッフを「食わせていかないといけない」というプレッシャーがすごく強かったので、なかなか、これ以上、新たに人を雇ったりとか、借金したりというのは、怖くてできませんでした。だってウチみたいな制作会社は、業界全体が右肩下がりで単価がどんどん下がってる状態だったんです。なので、あと2〜3年はやって行くことができたとしても、5年後、10年後と考えると正直、お先真っ暗みたいな感じで、不安しかありませんでした…


毎月、毎月、大量の仕事を独りでこなして、値段を安くしろとしか言わないくせに、翌日出せとか、無茶ばかり言うクライアントに振り回され、、飲み会に行って、好きでもないゴルフに付き合って、常に誰かに会いに行って、、、毎日、全力で走って、全力で駆け抜けて、今月もやっと乗り切ったと思ったら、翌月の1日から、売り上げはリセットされてしまう……

「今はまだ体力があるから、この働き方できるけど10年続けるのは無理だな」と思っていたところに、その日の朝が来て、自分が身体を壊していることに気がついたんです。その頃は精神的にも毎日不安で「今はいいかもしれないけど、いつどうなるかわからんなと」毎日考えていました。ある意味、独りで将来のことを考えていると、不安がどんどん募ってくるので社長同士の飲み会とかに行って、仕事だと思って、酒に逃げていた面もあるかもしれません。毎日、飲み会に行ってるわけですから、もちろん精神だけじゃなく身体も壊しますよね。


このままじゃダメだ …


そう思ってから僕はいろんな情報を探しました。今までみたいに、飲み会や、人脈で仕事を取るという方法はもう限界。何かいい方法はないのか?と、さまよっている時に、ある会社に出会いました。そこは僕の知ってる今までの会社と違って、人脈など全く使わず、マーケティングを駆使して新規客を獲得して、どんどん売上を伸ばしていました。僕も、制作会社の社長ですから、今までいろんな規模の会社をクライアントにしてきています。個人事業みたいな小さな会社から、それこそ上場企業もやりました。でも、その会社が他と全く違ったのは全て計算してやってることで、理屈を分かった上でやっていたんです。つまり『こうすれば、こうなる』というような何かを知っていたのです。当たり前だと思われるかもしれませんし、今となっては、ぼくにとってもそれが当然のことです。でも、当時は、僕がそれまでにつきあいのあった会社は売上がウン十億とかあったとしても流行に乗ってるだけ、みたいな会社が多かったんですよね。なので、競合も多くて、売上規模は大きいけど実態は厳しそう、、、とか借金がめちゃめちゃ多い、、、とかそんな感じでした。一方、その会社は世間の流行とかとは、全く関係なく自分のマーケティング力で顧客を創り出していました。なので、競争相手もほとんどいなくすごく儲かってそうでした。何より、僕のように嫌な顧客と付き合わずに自由にやってる感じがとっても羨ましくて、そして不思議に思ったんです。だって、会社の社長は当時、ほとんど会社に入ってないみたいだったんで……


どんな秘密があるんだろう?


どうしても知りたかった。どうしてもこの状況を打破したかった僕は、その会社の社長に会おうとしました。ところが、今まで散々、飲み会やら経営者会で作った人脈をたどっても全く、つながりません。それもそのはず、その会社の社長は、そんな飲み会やら意味のない「○○の会」なんかに来ないからです。仕方なく、当時たまたま見つけたその社長のセミナーに参加してみることにしました。費用は150万円でした。当時のぼくには決して安くない金額。でも、どうしても抜け出したかったんです…

「今はいいかもしれない、

けど、いつどうなるか、分からないな...」

これ、おれじゃねーか!

「中谷さんこれ読むといいよ」その会社の社長に一冊のレポートを渡されました。そこに書いてあったのがまさにこの図です。これを書いたのは、米国でマーケティングの専門家たちをコーチングして育てている、リッチ・シェフレンという男でした。彼の卓越したマーケティングの思想は、マイクロソフトやグーグル、ヤフーなどの世界的IT企業からも、コンサルティングを依頼されるほど、、、ま、そんな話はどうでもいいんですが、、


「これ、オレのことじゃねーか!」


何から何まで自分が全部やってる自分一人でやってる。そしてめちゃめちゃ働いてる割に収入はなかなか上がらず限界を感じている…まさにこれの状況じゃないか!そう思ってこのプログラムを学びました。

それから、いろんな事を学んで、いろんな事を経験しました。その経緯は詳しくは、お会いした時にでも話したいと思いますが、、ぼくは、秘密を知りました。米国はマーケティングのメッカ。日本より5年進んでいると言われています。そんな米国でマーケティングの専門家たちを教える人間に、直接、教わったのです。何のことはない。その会社も、米国の専門家からマーケティングを学んでいたからマーケティングが強かったのです。それが秘伝のソースでした。そして、ぼくが教わったリッチシェフレンは、マーケティングのみならず、ビジネス感覚も非常に鋭い業界の第一人者でした。


それから、ビジネスに対する考え方がガラッと変わって、自分の会社のいろんなところを直しました…そして今でも、昔と同じくホームページ制作会社をやっています。環境的には右肩下がりの市場ってのは変わっていません。しかし、うちの会社は競合他社の3倍以上の値段で仕事を受けることができています。新規の顧客にも困らなくなりました。なので、今ではこちらから仕事あるいはお客さんを選ぶようになって、好きなお客さん、良いお客さんとだけ仕事をするようになっています。(実際つい先日も日本人ならほとんどの人が知っている上場企業の案件を受けました。そこでテレビにも出てる社長にいろんなアドバイスもしています)従業員1人当たりの利益も2000万円くらいになりました。

全ての責任者が、自分たった1人

自分が顧客をとり


自分が商品をつくり


自分が事業をまわす

単価3倍ー1人当たり利益2,000万円

でも一番嬉しいのは...

何より嬉しいのが、将来への不安がなくなって久しぶりに「仕事が楽しい」と純粋に思えるようになったことです。そして『いつまでこれが続くんだろう』という漠然とした不安がなくなったことです。家族との時間、子どもとの時間をたくさん取れるようになったことです。 実際、僕の娘が7歳の時に結構大きな病気にかかったんですが、その時は、ほとんど会社に行かず、ずっと娘につきっきりで看病することができました。そして最高の治療を受けさせてあげることもできました。結果的には娘は元気に回復したんですが、一昔前の僕だったらおそらく娘と顔を合わせることすらできなかったでしょう、、、毎日、寝顔しか見ることができず、娘の苦しみも、辛さも、痛みも、理解してあげることができなかったでしょう。これは仕事うんぬんでなく、一人の父親として本当に良かったと思っています。


中谷さんこのプログラムを日本に広げよう!


そしてある日その社長に誘われたんです。このプログラムは、起業家、社長をラクにしてくれるプログラムだと思います。先ほども言った通り、ぼくは、子どもがピンチの時に一緒にいてやることができました。もちろん、ピンチとは限らずとも、仕事に時間を支配されている小さな会社の社長、それは、子どもとの時間を取れずにいるようなお父さんでもあると思うんです。そんな昔のぼくと似たような人たちの力になりたいと思って、今、このプログラムを、、、

3x

価格は3倍に

値切られる事もなくなる

社長、自分1人だけが忙しくしてませんか?

ほとのどの小さな会社の社長さんは、会社での重要な仕事を、全部、独りでやっている状態です。例え、社員が何人かいたとしても、彼らがやっているのは「作業」みたいなもん。顧客獲得や、商品のアイディア、制作など、ビジネスで最も重要な「基幹業務」は、社長の独り芝居、、、ってのが実情です…


だから、いつまで経っても、自分独りだけひたすら忙しくて、プレッシャーも強く、そんな悩みを誰にも相談できないので、孤独になります。そして、社長の独り芝居なので、売上の上限、収入の上限も見えてしまって、、、なかなか、その壁を突破できない、、、


なぜそんな事になるのか?原因はとっても簡単なことです。


それは、社長が、「何を自分でやるべきで、何を人に任せるべきか?そして、どんな人を顧客として、事業をどう運営していくか?」などの明確な設計図を持っていないことです。これ、言葉で言うのはとっても簡単なことですが、「言うは易し、行うは難し」で、実際にやるとなると、なかなかできません。ぼく自身も、こんな事は言われなくても分かっていましたが、いつまで経っても、それが、できる事はありませんでした。


このワークショップに参加するほとんどの社長も、『分かっちゃいるけど、やってはいない』という状態です。なぜなら、それをやるのは、マーケティングやセールス、差別化、経営など、さまざまなジャンルの知識と経験が必要だからです。


もしあなたが、「自分は会社に対する明確なビジョンもあるし、社員たちも素晴らしく良い働きをしてくれてて、何の不足もない」というのであれば、このワークショップは不要なので、体験セミナーに来る必要はありません。そのまま、会社をどんどん成長させてください。


しかし、そうじゃなく、昔のぼくと同じように『わかっちゃいるけど、できてない』ことがたくさんあって、自分1人が、めちゃめちゃ忙しくがんばってるというのであれば、、、

このワークショップに参加する価値はあると思います。少なくとも、参加する価値があるかどうかを自分の目で見極めるために、体験セミナーには参加したらいいんじゃないでしょうか?


強みを明確にする

自分の強みを知り
自分が何をすべきか
どうやるべきかを知る

1

顧客を明確にする

理想の顧客をあぶり出し

良い顧客だけを相手にするためのメッセージを作る

2

事業をデザインする

自分の強み以外は

やらなくても事業がまわる

モデルを作る

3

小さな会社の
事業[再]設計コース体験セミナー

3つのステップで、自由なビジネスを構築する

  • どうすれば嫌な顧客を相手にせず、好きな顧客とだけ商売ができるか?
  • 成熟業界でも、他社と差別化をして価格競争に巻き込まれないためには?USPの見つけ方
  • 小さな会社でも、優秀な人材を採るために、絶対にやるべき事はなにか?
  • 92%ものクライアントが売上アップに成功したワケ
  • 何を部下や外注に任せて、何を自分がやるべきか?事業の自動化の仕組み作り
  • 事業[再]設計コースで何が解決できるか?

体験セミナーの内容

当日の流れ

定員は限られていますのでお早めに

第1部:体験セミナー

第2部:説明会

第3部:グループコンサル

当日は、第一部として、『事業[再]設計コース』の体験セミナーをやります。ここでは、5つのステップで、どうやって簡単に売れるメッセージを作るか?という事をやります。

次に第二部として、ワークショップの内容について説明します。

最後に第三部として、個別あるいはグループで、どのようにして事業を再設計するのか?というコンサルティングをします。

会社社長、経営者、役員クラスの方は、参加対象となりますので、無料で参加できます。当日は、確認のため名刺を頂きますので、名刺をご持参ください。


なお、本セミナーは原則、途中入場・途中退席ができませんので、予め全ての時間参加が難しい場合はお問い合わせください。5分以上遅刻された場合は、ご入室を固くお断りしております。ご来場は開催時間15分前を目安にご来場くださいませ。

社長・経営者、役員クラスの方

参加条件

この体験セミナーは、あなたの事業の売上アップに役立つかどうかを実際に体験してもらうセミナーです。

そのため既に事業を運営されている方が参加対象となります。会社員の方は参加できませんのでご了承ください

今日だけの参加者限定特典
顧客獲得ガイド

さらに今回、体験セミナーに参加してくれたあなたには、ぼくが指導した730社以上のクライアントのうち、92%が売上アップしたツール『顧客獲得ガイド』をプレゼントします。これは、今まで直接コンサルティングなどで指導してきた顧客のみに提供してきたものです。この顧客獲得ガイドを使ったクライアントは、値切ってばっかり来る嫌なお客との付き合いを止めて、自社の価値を尊重してくれる良いお客との付き合いをはじめることができています。


92%と言ってますが、実際は、精度がどんどんあがっているので、ここ3年で言えば、200社中、失敗したのは3社だけ、残り197社は売上を上げることができました。その秘伝とも言えるツール、ぼくの5年間のコンサルティング、マーケティングの経験を凝縮したツールを、体験セミナーに参加してくれたあなたには、無償で提供します。

92%が売上アップしたツールをあなたに

参加方法

場所と時間について

定員は限られていますのでお早めに

参加申込み方法はとっても簡単です。まずは、このボタンを押して申込みしてください。その後、日程や時間を調整させていただきます。

小さな会社の

事業[再]設計コース体験セミナー

  • 会場:東京 品川
  • 来場特典:本ページ参照 

自身の目で見極めてください

もちろん、最後に、この体験セミナーに参加するかどうかは、あなたの判断です。


ただ、最後に、ちょっと考えて見てください…今から1年後、何もしなくて、今と同じ事をくり返してて、その状態ってよくなっていますか?いつかどこかで、こういう事に取り組まない限りは、毎年、毎年、同じ事の繰り返しにならないでしょうか?


ぼくは子どもがいるので、よく分かるんですが、、、子どもはあっと言う間に成長してしまいます。会社の1年は去年と同じ、来年も同じだったとしても、、、子どもや家族との時間は、今しかありません。ウチの娘は9歳になりました。言うまでもなく、9歳の娘との時間は、二度と経験できません。あなたがビジネスに支配されていては、家族との時間がとれないままになってしまいますよね。


だからこそ、スグにでもビジネスを見直して、あなたがビジネスに支配されるんじゃなく、あなたがビジネスを支配して、コントロールできるようにして、子どもや家族との時間を取ってほしいんです。1年、先送りすることは簡単です。しかし、そうしたら、子どもとの時間を1年失うことになるかもしれません。

なので、機会があった今日、参加申込みをしてください。